専業主婦がお金を借りるときは夫の収入証明証を準備

本来専業主婦は、安定した収入を確保していないので残念ながらお金を借りるのが難しいです。しかし専業主婦でも夫の収入証明証を準備しておけば、お金を借りられる可能性が出てきます。

特に夫が多くの収入を稼いでいる場合、相応の融資を受けられる可能性が出てくるので、専業主婦でもたくさんのお金を融資してもらうことが可能です。

ただし、専業主婦が融資を受けられるカードローンやキャッシングはそこまで多くはありません。やはり安定した収入が本人にないということで、残念な結果になってしまう場合があります。少しでも専業主婦がお金を借りるには、専業主婦に対し、積極的な融資をしているカードローンやキャッシングを選択しなくてはいけません。同じ専業主婦の方が申込をして、一定額の融資を受けることに成功したカードローンやキャッシングは、同じように融資を受けられるチャンスがあります。

このように専業主婦だからといって、必ずしも審査に落とされてしまうということはありません。夫の収入証明証を準備しておき、専業主婦に対して積極的な融資をしているカードローンやキャッシングに申込をすれば、可能性が生まれます。また夫の収入を申告するだけで収入証明証を提出しなくても大丈夫なケースもあり、融資を受けている専業主婦もいます。

参考記事:収入証明証の種類

従業員貸付制度でお金を借りるとカードローンより低金利?

社会人になると何かとお金が必要なことが多々あります。
結婚や出産、進学や病気や怪我などそのときに会社からお金を借りることができればよいのではないかと考える人もいるでしょう。そのときに先ずは、自分の勤務先が「従業員貸付金制度」に対応していれば、お金を借りることができるかもしれません。


従業員貸付金制度とは?

自社の社員が金銭のトラブルに巻き込まれるのを避けるために設けている制度です。
近年、福利厚生の一環として従業員貸付金制度を取り入れている会社が増えてきているのです。先ずは自分の勤めている会社が従業員貸付金制度を導入しているのか確認してみましょう。


従業員貸付金制度のメリットは、消費者金融や銀行が展開しているカードローンに比べて金利が安いことです。消費者金融や銀行カードローンに比べて、従業員貸付金制度は低金利に設定されています。
参考記事:お金借りる!おすすめ即日融資

会社にもよりますが従業員貸付金制度の金利は年利2.0%~4.0%程度が一般的です。
しかしなぜ従業員貸付金制度が低金利とはいえ、金利なしの、無利子でお金を借りることはできないのでしょうか?それは会社が無利息でまとまったお金を渡してしまった場合贈与税の対象となってしまうためです


また従業員貸付制度には上限があります。
五十万円まで30万円までといったような上限から会社にもよりますが給料の3ヶ月分までとか退職金の2倍までなどといった条件を設けている会社もあるので、具体的な金額が決まっている人は、上司や担当者に確認してみましょう。


また貸付金が手元に届くまでに日数がかかります。そのことも頭に入れておく必要があります。お金を必要とする前に会社に相談することそして返済期日も確認することも大切です。従業員貸付制度一度検討してみてはどうでしょうか。

カードローンの無利息サービスを活用

カードローンの無利息サービスを活用してお金を借りる方法ですが、基本的にカードローンの初回サービスで1ヶ月金利無料などのサービスの期間得をすると言った状況はよく活用出来ます。 返済予定日が一ヶ月後であれば、当然その期間の借りたお金に対して利息が無利息の状態でありお得な条件で借り入れが行えます。

同じ様なサービスを行っているカードローン会社をまた今度お金を借りる際に活用すれば、利息を払わずにお金を借りる事が出来ます。

キャッシングカードでもシンキと言うノンバンクのカード業者では1ヶ月間なんどでも借り入れ最初の7日間は無利息と言うサービスを実施しています。これを活用すれば給料日1週間前にお金がなくなりそうな時にその分借り入れを行い給料日に返済すると言った仕組みをとれば毎月返済を行う事が出来ます。

思わぬ出費により家計が苦しくなったりする際には活用出来る業社と言えます。こうした消費者禁輸業社などのカードローンで無利息のサービスを行っている所が沢山存在していて、それを使わない手はありません。 キャッシングを利用する前に、まずはどう言った無利息のサービスを行っているのか確認して審査などの申し込みを行うと最適な活用が行えます。

土日や祝日にカードローンを利用することは可能?

お金はいつ必要になるかわからないことから、状況によっては金融機関が休みの土日祝日にカードローンの融資を申し込んで即日で現金を受け取りたい場合もあります。

金融機関が休みということから土日祝日は即日融資どころかカードローンの申し込みさえ無理と思われがちですが、一部の金融機関では土日祝日はもちろん24時間いつでも申し込みが可能で融資も受けられるサービスを提供しているところがあります。

特にインターネットで取引を行うことが可能な金融機関では店舗まで出向かなくても、自宅や勤務先をはじめさまざまな場所で申し込みが可能になっています。この場合事前に指定された金融機関の口座を所有していてカードローンを利用するための会員登録をしていることを条件としていることがほとんどですが、登録自体簡単にできるので初心者でも無理なく利用できるものです。

このように前もって登録の手続きを行うことで、土日祝日時間関係なくカードローンの即日融資を受けられる可能性が高くなります。またこの一連の手続きはインターネットで行うということで、自宅や会社などでインターネットを利用できる環境がないといけないのですが、スマートフォンか携帯電話からでも申し込みが可能となっていて一定の年齢や収入などの条件を満たせば多くの人が利用できるものなのです。